FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
可能性を信じる親子関係
あなたがご両親との関係で大切にしているものは何ですか?


私はたとえ親子の関係であっても、一人の人間として個を大切にし、
それぞれの異なる部分や価値観を尊重し認めあう・・・・
このことを大切にしていきたいと思っています。

そしてそういう関係を築くことこそが、親離れ、子離れを得た、自立の道
ではないかと考えます。

何歳になっても共に成長し合えるいい親子関係とは、一人の人間として
心から信頼関係を築き保つことです。


信頼関係のある家庭で育った人は、五感を通し、そしてまた心から無条件の愛を
感じ学ぶことができます。


人は、自己確認(今の自分をそのまま受け入れる)を得てこそ安心と安らぎを感じます。
その安心があるからこそ、未来に向かって進むことができるのです。

しかし、大人になってからもうまくいかない親子の関係を引きずったまま、
それぞれの自己の尊重をえられない関係でいる人を沢山見かけます。


子供の時から、両親から自分達の価値観を押し付けられ、個性や
価値観を認められずに育つと自らの目標を持つことが、できなく
なります。

たとえ目標を持ったとしても、自分の可能性に疑い擁き、
出来ない理由の渦に巻き込まれ、不安感から自己成長のチャンスを見逃します。
自分ではどうしょうもないあせりや苛立ちをかくせなくなります。


人が生まれて初めて拘わる親子のコミュニケーションすなわち信頼関係は、
大人になってからも影響を与え続けるものなのです。

だからこそ他人との信頼関係を築くよりもはるかに難しいのです。
なぜなら、親もその親も家族としての役割りを果たす事は知っていても、
人として個を認め、人の可能性を信じるということ・・信頼関係をどう
築くかということに気付いていなかったからです。



例えば、心配症で取り越し苦労タイプの、母親は、
愛情という名のもとに、子供の可能性を閉ざしてしまいます。

例えば、子供がサッカーの選手になりたいと言った場合

     サッカーで怪我したらどうするの?

     サッカーばっかりして勉強はどうするの?

・・・・何気ない言葉ですが、子供のやる気を無くします。

そのことをお伝えすると
『親としての愛情から言っているのです。』・・と答えます。

そして、子供の意志とは関係なく、自分の価値観から見て、これはいいと
思うことは、ポジティブ進めるのです。

こうして育てられた子供達は、親の言うことは絶対にしたくないと
思い、尚且つ他のことに対しても何もする気が無くなるのです。



では、そういう親とどう向き合っていけばいいかを考えてみましょう。
それは、親であるとか子供であるという事を離れて、
一人の人間としての個性や価値観を尊重し認めるのです。
認めた上で、自分の個性や価値観が親と違っていてもいいのだ・・・。
・・・・よしとするのです。(今の自分をよしとして受け入れるのです。)

自分で自分を受け入れる事ができない人は、他者を受け入れる事ができません。
また、自分の可能性も人の可能性も信じる事が出来ないのです。
しかし自分の可能性を信じる事ができる人は、人の可能性を信じ心から応援できるのです。


可能性を信じるということはそのことを決心することです。

決意するということです。

自らの決意、そこからスタートします。

今までのことは変えるできませんが、これからのことは変えることが

できます。

あなたの決意によって変えることができるのです。





スポンサーサイト



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして
カウンセリング療法で長年治療を続けている美鳥と申します。
自分の両親と重なって、一気に読みました。
力強い言葉に、励まされました。
難しいですが、一歩ずつ、
両親と自分の区別をつけていくこと、
その決意をすること、とても大事ですね。
また 遊びにきます。
プロフィール

csbewith

Author:csbewith
ようこそ!
笑顔のステキな人を町中にいっぱいにしたい・・!
それが私の夢です。
笑顔のステキな人は何時も自分を磨いています。
そんなあなたの『心のエステシャン』として
今まで学び、気づいたことをお伝えしていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク