FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
人間関係で受ける怒りや傷を解消する方法
『どうして人は腹をたてたり、怒ったりするのだろう?』
『どうすれば怒りから解放されるのだろう?』
『どうすれば、人の言葉で傷つかずにいられるのだろう?』
と考えてきました。
例え恋人どうしでも、相手の不用意な言葉で傷つく事があります。
親子でも、お互いに相手のことを怒らせるつもりはないのに、怒らせることがあります。

人は生きてく中で、理解してもらえなかったり、
自分でも解っている事実を指摘されたり、
否定的なことを言われると傷つきます。そして心の奥に怒りの火が湧いてきます。
そしてその感情が自分の中で消化(納得)できず溜まっていくと、いずれ
その相手との信頼関係が失われてしまいます。

そんな時は、なるべく早く過去の怒りや傷ついた事を整理しましょう。

なぜなら、ひきずったままでいるとどこかで、大爆発するからです。

爆発するといっぺんに膿がでます。
それで解決の方向に向かうのなら良いのですが、
たいていは、自分も相手にも良い結果を得ることは出来ません。

何故なら、相手にあなたの思いが素直に届かないからです。

残るのは、気まずさ虚しさ・・・そして今度は相手が怒りの火を
心に持つことになるからです。

その繰り返しで人生の大切な時間を無駄にするのは、
実にもったいないことだと思います。

自分の事を相手に理解してもらえてないと感じたなら、それで傷ついたのであれば、
そのつど話合い、お互い納得できる話をすることが大切です。

それが出来ないのなら、(相手が応じてくれない、同じラインに立てない場合)
自分の内面で相手の言ったことをそれ以上に重要なものとしないことです。

つまり相手の言ったことを自分の中で詮索しないようにすることです。

自分ならこういう・・・自分ならこうする・・・自分ならこう考える・・・のに。
何故・・・あの人はこうなんだ・・・あーなんだ・・・と考えると混乱し、
よりいっそう相手を理解する事ができず、怒りが強くなるからです。

人の言ったことで腹が立つ場合は、知らず知らずのうちに、世間の人が言う言葉
ひとつひとつが、自分より重要だと位置づけている場合が多いです。

人間としてあなたにいい影響を与えてくれる人は決してあなたを怒らせるような
言い方や、理解もせずにあなたを傷つけるようなことは言わないものです。

言われた事は一旦受け止めましょう。
そこから、自分いまより成長するために必要だと思う言葉は、謙虚にそして素直に受け入れましょう。
しかし、そうでない言葉は、自分より重要だと考えないことです。
日頃から、そういうくせをつけると、嫌なことを言われても、整理ができ、
前向きに受け止める事がでるようになります。

そして何よりも、怒りの火を残す事が無くなります。
そして何を言われても、怒りが爆発することが無くなります。

本当の信頼関係は、お互いにこの法則を知ってこそ成り立つものだと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

csbewith

Author:csbewith
ようこそ!
笑顔のステキな人を町中にいっぱいにしたい・・!
それが私の夢です。
笑顔のステキな人は何時も自分を磨いています。
そんなあなたの『心のエステシャン』として
今まで学び、気づいたことをお伝えしていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク