FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
カウンセリング・コーチングが身近になる
心の悩みや、問題を抱えた時あなたはどうしますか?

①誰かに相談する。
②本を読んでヒントを得る。
③悩みを引きずったままで過ごす。
④お酒やその他のことで気分を変える。


どでも、すっきりするところまでは遠いですね。

そうです。悩んでいる人にとっては、その人自身の問題が他の要素と
絡み合い複雑になってしまう為に簡単に解決できません。

そして悩みが膨らみ、重なっていくうちにストレスが溜まり体調にも影響を
及ぼし健康を害します。

一昔前までは、体調を壊した方が病院を訪れ、
原因は神経から来ているのではないか・・・ということで、
心療内科を紹介されてカウンセリングを受けに行くという経緯をたどられていました。

そして、カウンセリングに行ってます。・・というと
とても重たい心の病にかかっていると誤解されていました。

最近はちょっとした悩みや自分の考え方についてアドバイスが欲しいから等、
気軽にカウンセリングやコーチングを受ける人が増えています。
また自分の成長の為にコーチングを継続的に受けているという人も増えてきました。

実際には、カウンセリングやコーチングによって相談者(クライアント)の

心の問題を解決するということは、

問題解決だけにとどまらず、

その人が本来の自分のあり方に気づき、自己実現、自己成長を促し

自らの目標(ゴール)に向かって行動することによって

問題が問題でなくなるようになると言う事です。


悩んだ時に友達や先輩に相談する人がいます。

相談を受けた人は、自分の経験や主観から相談者に共感したり、アドバイスをします。


カウンセラーやコーチはプロとしての倫理を大切にしながら、

経験を通してだけではなく、心理学に基きクライアントの話を傾聴します。

そして問題や悩みの原因に気づく質問をします。

また本人の同意を得た上で、時にはアドバイスや提案をします。

けっして押し付けや主観だけでクライアントに対して話をしません。

心理学的に話を傾聴する・・・ってどんな雰囲気なの?と
思う方もいらっしるかもしれませんが、

ただ耳で聞くだけではなく、全身のエネルギーを傾けて
クライアントの気持ちを理解しようと一生懸命聴くことなのです。

どんな話し方でも、話の内容がまとまっていなくても、
たとえそれが愚痴であっても相談者が話したい、
聞いてもらいたいと思うことを全て傾聴します。

この段階で悩みの50%は、クリアーになります。

残りの50%はクライアントの内側(何故悩むか)にあります。

悩まない自分を作ろうとおもうのならば、
簡単に言うと幸せな自分作りを目標にすればいいのです。

目標が決まれば、そこに向かって進めばいいのです。


本当にピアノが上手くなりたいと思えば毎日レッスンしませんか?

料理が楽しくて仕方ないのない人は、もっと上手くなりたいと、料理教室に通います。



カウンセリングやコーチングは幸せな自分作りの為の教室です。



もっと気軽カウンセリングやコーチングの扉を開いてみませんか?




スポンサーサイト



一人の時間を楽しく過ごせますか?
忙しい時は時間に追われて生き生きしていても、一人の時間になると途端に何か物足らなく
感じる人がいます。

本当の意味での自立している人は、一人の時間も楽しむ事ができます。

例えば、本を読んだり、自然に触れたり、ひとり旅にでかけたり・・・一人でも寂しいと
感じないのです。

なぜなら、自分の心が満たされているからです。

心が満たされていると周囲の人達は勿論、自然など見るもの感じるもの全てに
感謝できるほど自分の心が素直な状態になり、パワーをもらう事ができます。

逆に心が満たされていなければ、どんな素晴らしい人に出会い、きれいな景色を見、
旅行に出かけても素直に受け止める事ができず、感動のない、むなしい時間だけが
過ぎて行きます。

一人の時、寂しいむなしいと感じる人は、今は自立の途中だと思いましょう。

どんな時でも楽しく自分なりにひとりの時間を過ごす事ができれば、人生の中で
むなしい時間から解放され、無駄な時間を過ごさなくて済みます。


その為には、自分が生かされている事の事実を理解しましょう。
そうすれば、自分が決して一人で生きているのではないと感じる事ができます。

・・・たとえば何ひとつ自分で作れるものはないという事実があります。

そしてそれが解れば、今度は感謝の気持ちが自然に湧いてきます。

・・・自分では何一つ作れないにも拘わらず、自然の食物、魚、肉、野菜などから
パワーをもらって自分の細胞を体内で作り維持していることを理解しましょう。
そしてその数が75兆個の細胞だということを知っていますか?
そんな気の遠くなるような数の細胞に支えられて自分の体ができているのです。

・・・であるならば、どう考えても、自分の意志とは関係のないところで
自分は生かされているのだと感じる事ができると思います。

・・・あなたの為に働いている細胞やあなたの為にパワーをくれた食物、魚、肉の命に
どうすれば還元できるのか?

・・・生かされているからには何か役目があるのではないか・・・・
と考えたならもう一人の時間を無駄にはできないはずです。

それに気づいた人は、見るもの感じるもの全てに感謝できるようになります。

すると今まで我がまま、傲慢、不平不満でいっぱいだった心は、感謝の心に変わります。
感謝の心に目覚めると心は満たされます。

自立とは心が満たされている状態でなければ本当に自立しているとは言えないのです。
そして自らの役目について考え時、人は自分の人生を真剣に考えるスタートに立つのです。



FC2 Blog Ranking
手紙でパワーアップ
あなたはどんな時に手紙を書きますか?
そして誰宛てに手紙を送りますか?

日頃の感謝の気持ちや、お世話になったお礼。
ありがとうの気持ちを伝えたい時。
相手を励ましたい時・・・・。
言葉では上手く伝えられないけれど文字にしたら、素直に言えることってあります。

最近は手紙よりもメールで気持ちを伝える人が多いですね。
そしてそんな手紙やメールをもらったら何だか嬉しくて元気になれるものです。

ならば、自分で自分あてに手紙を書いてみたらどうでしょう?

落ち込んでいる時は自分に励ましの手紙を。

何かに打ち込んでいる自分に頑張ってるね・・・の手紙を。

充電が切れそうな時には、気分転換になるような手紙を書くのです。

素直になれずに眉間にしわを寄せている時には、やさしくなれるように・・・。

・・・・どんな言葉をかけられたら1番パワーが出るかを知っているのはあなた自身です。

かけられたい言葉を書き溜めて自分に手紙を書きましょう。

そして声を出して読むのです。

あなたのパワーの出る言葉がつづられている手紙です。

何度か読む間に、不思議と力が湧いてきます。

本当にやさしい人
人はどんな人でも、外面と内面を持っています。
家では内弁慶なのに・・・外ではおとなしい人。
その反対の人・・・・。

人間関係を円滑にするために建前でいいことばっかり言う人もいますね。

また自分をよく見せ様と自分に都合のいい人にだけ気を使う人もいます。

例えば、電話にでる時、声が高くなり丁寧な言葉で出るのはそのひとつです。
家族からの電話だと知ったとたん、なーんだ・・・とばかりに声が低くなり、言葉遣いも普段使っている言葉なることはありませんか?

セールスの話をする時は満面の笑みでいいことばかり話、断った瞬間がらりと
態度や表情の変る人。


だれでも多少の違いはあるものですが、その差があまりにも大きいと人を混乱させます。
そして不信感を募らせます。



・・・むしろ、多少ぶっきらぼうでも内も外も変わらない人の方が安心して付き合う事ができますね。

外ではやさしい人であっても、身近な人を大切にできない人は信頼に欠けます。
本当にやさしい人は、外面も内面もありません。
そして自分の都合で相手によって態度を変えません。
家族にもやさしい人です。
何故なら、本当のやさしさとは、打算することがありません。
むしろ自然に心から湧いてくるものだからです。

そんな本当のやさしさに触れると元気になれます・・・そういうパワーを持っています。

もしあなたに[この人に会ったら元気になれる]という人がいたなら、その人のやさしさは本物です。

そんなやさしい人に出会ったことのある人は、幸せです。

言葉数は少なくってもあなたのことをやさしく見てくれている人が必ずいます。

あなたはそれに気づいていますか?

気づく心を持っていますか?

出会った人すべてに、やさしくしていますか?

やさしさを受け取ったら、今度はあなたが人を元気にするパワーをあげてください。








口癖を変えて人生を幸せに生きる
あなたの口癖は何ですか?

自分の口癖を分析してみましょう。

例えば、歌を歌う前に『声が出にくいんです・・・』と前置きして歌う人がいるとします。
毎回『声が出にくいので・・・』と口癖のように言うと、その人の潜在意識の中に
声が出にくいという情報がインプットされます。
その結果、歌おうとすると声が出にくくなるのを何人となく見てきました。

何故なら、自分が発した声を1番そばで聞いているのは自分だからです。
人に事情を説明したり、伝えたい事を言葉にして話しているつもりが、
その声を1番先に聞いているのは、あなた自信なのです。
何度も口癖として繰り替えし話ているうちに、自ら話た言葉が、
潜在意識レベルに蓄積されて、歌=声が出にくい・・・となるのです。


口癖は、自分の耳を通して自ら聞いています。
その結果、潜在意識の中に蓄積され情報は、無意識の状態で心の中に残るのです。

今日は楽しい、今日は嬉しい。
すごい。素晴らしい。良かった・・など感動を口癖にする人は、潜在意識レベルでも毎日
感動し、全て素晴らしいものとして蓄積されます。
すると不平や不満がなくなります。
一日一日がわくわくに変わります。
そして、そういう人の周囲には人が沢山集まります。
感動する人の周囲も感動がいっぱいあるからです。
楽しい人といると周囲も楽しくなるのと同じです。
明るい人は周囲までも明るくします。
それは肯定的でいい言葉を使うからです。

口癖は肯定的ないい言葉に変えましょう。
あなたが発した、いい言葉は、1番最初にあなた自信が聞いているのですから!



65年の時を超えた奇跡
願えは叶う・・
願い続けて65年間・・・84歳の女性の夢が叶った奇跡の話です。

その方が18歳の時に朝鮮で出会ったひとつ年上の男性と恋に落ちました。
約半年の交際でしたが、女性は日本に帰ることになり、そのまま別れたそうです。

彼女は現在、市街地から約2時間の山奥の家で一人暮らしをされています。
歌が大好きで毎週1回カラオケ教室に通っています。恋の歌の歌詞を読んでは、朝鮮で別れた人を思いながら歌っていたのです。

『若い頃を思い出すいい歌だね・・・』
『朝鮮にいた時を思い出すよ・・大好きだった彼のことを思い出すよ・・・今頃どうしてるか会って話をしてみたい・・・』
といつも周囲の人に懐かしそうに話をされていたのです。

2007年10月1日彼女の家の前の細い道に一台の車が止まりました。
見慣れない車に彼女は目をやりました。
車のドアを開けて降りてくる、二人の男性を庭にいた彼女は見ていたそうです。
ひとりは知らないおじいさん、でももう一人は・・・・
『目があった瞬間、すぐに解ったんですよ・・、65年前に朝鮮で別れた彼だと・・・まさかと思ったけれど、不思議だけれど・・・すぐ解ったんよ。人は年が経っても、愛する人は解るんだねぇ・・・だってあの人の目は昔とちっとも変わってなかったからね・・・』

65年ぶりの再会。
どうしてここが解ったのかと聞くと、朝鮮で紙に書いて渡した住所を大事に持っていてくれたそうです。そして親友にその話をしたら一緒について来てくれたそうです。尋ね尋ねてやっとこことに着いたということでした。

二人で縁側に腰かけて、お互い生きて会えたことを喜び、そして二人して何度も何度も泣いたそうです。
それはきっと18歳と19歳の姿だったのでしょう。

65年もの長い間、会いたいと心に思いを抱く人がいるでしょうか?
そして、それが自分だけではなく、相手もあなたのことを65年間思っていてくれたと知ったら
・・・・・。
そして、再開できたとしたら・・・人生でつらかった事、苦しかった事全てが飛んでいってしまうでしょう。

現代人はあまりにも早く結果を求め、本当に大切なものを失っているような気がしました。
そして願う心があれば、こんな奇跡を起こすのだと思います。

ひょとするとあなたのことを思ってくれている人がいるかも知れません。
そう考えるだけで勇気が湧いてきませんか?


イメージが伝わる
コミュニケーション上手は、思いを正確に伝える事ができる人です。
人に誤解されたり、自分の思いが上手く伝わらないと悩んでいる人のほとんどが、
言葉とイメージ(表情、しぐさなど)がアンバランスになっていたり、自分では気づかない
口癖や考え方の癖が相手に誤解を与えてしまっている場合が多いです。

どういうことかと言うと
嬉しい気持ちを伝える時に『嬉しい』という言葉と満面の笑顔の時と
の表情とでは相手に伝わる嬉しさは違ってきます。
そしてという表情で嬉しいと言われたら、あなたはどう思いますか?
言葉よりも表情やしぐさで伝わることが変わってくるのです。

言語で相手に伝わるのは7%
非言語で伝わるのは93%と言われています。

非言語の93%とは、言葉以外の表情、態度、仕草、声のトーン、スピード、
などから、イメージ的に受け取るという事です。
ということは、コミュニケーションには言葉とイメージが重要だという事になります。

また先日こういう方の話を聞きました。
「私は何時も相手に良かれと思って声をかけるのですが、誤解されてしまいます・・・」

話をしてみると、『○○けれど・・・』という『・・・・でも』が多いのです。



例えば『きれいですね』を『すごくきれいだけれど・・・・』
『頑張ってるね』を『頑張ってるけれど・・・・』と言うのです。これでは受け取る側は否定されていると感じてしまいます。
当然、応援してるつもりでも、相手には不愉快な思いしか伝わらないのです。

ご本人は初めて気づかれたようです。

このように自分の口癖や、表現の癖によって誤解が生じることもあるのだと気づく事が
大切です。

いい人間関係を築くには、自分の思いや情報を正確に伝えることから始まります。
自分はどういう癖があるのか、どのように相手に写っているのかなど
コミュニケーションについて一緒に学んでみませんか?

《コミュニケーションスキルのセミナー開催予定のご案内》
  
   日時 ◆11月 5日(月) 19:00~21:00
       ◆12月 3日(月) 19:00~21:00
   会場     広島市まちづくり市民交流プラザ 南棟 C会議室

       「コーチングのはじめの一歩」    
       コミュニケーションスキルの基本を楽しく学びませんか?

   対象者  話のが苦手、人間関係で悩んでいる方、
          スキルアップ、自分コミュニケーション力強化したい方
          コーチングに興味のある方
   主催    コーチングスタジオ Be With
   講師    林田さゆり
   お問い合わせは   Hayashida@cs-be-with.com
   詳しくは        http//:www.cs-be-with.com

続きを読む

プロフィール

csbewith

Author:csbewith
ようこそ!
笑顔のステキな人を町中にいっぱいにしたい・・!
それが私の夢です。
笑顔のステキな人は何時も自分を磨いています。
そんなあなたの『心のエステシャン』として
今まで学び、気づいたことをお伝えしていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク