FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
愛すること愛されること
愛されることばかり考えて、人を愛する事ができない人は

本当の愛が何か理解できません。

そして人を信じたいと思いながら、決して人を信じる事ができず、

そんな自分に自信を失い、傷つくのです。

それは愛とは100パーセント思いが通じることだと思っているからです。

どんなに愛していても、お互いの感じ方や思いの違いはあります。

それは、一人一人の人間として違いのあり、個性でもあります。


愛を信じられない人は、自分と同じ思いを相手からも求めます。

例えば、お互いに好意を寄せている人がいるとします。

愛を信じれない人は、自分ならこうするのに又は、本当に愛しているのら、
自分ならこういうふうに言うのに・・・・と、自分と比べます。


そして自分との思いの差を、愛されてないと感じてしまうのです。
相手との違いを受け入れる事が出来ないのです。

愛とは相手が自分と同化するのを望むことではありません。

相手のありのままを受け入れてこそ愛です。

相手のありのままを受け入れると言う事は、その前に、自分を受け入れることが

できなければなりません。

なぜなら、今の自分を本当に愛せる人は、人にも自分を愛するように、

寛容になれるからです。

もしあなたが愛を信じることができないでいるのなら、それは

ありのままの自分を自ら受け入れることを学ぶチャンスです。

今の自分を素直に見つめ、いいところを認めてあげましょう。

そして、悪いところもそのまま受け入れましょう。

すると自分の心が軽くなります。ホットになります。

そうです、愛する事って自分がこうだから・・と相手に求めたり、

その差に不満を抱いたり、不信に思うのではなく、

自分と相手との違いがあってもいいんだ・・・それも良しと思った時から、

素直に愛を感じることができ、幸せになれるのです。

スポンサーサイト



制限の中に何時までいますか?
人は、何かしたいことが見つかっても、失敗したらどうしよう、
自分には才能がない、自信がない・・・と不安や恐れ、疑いに見舞われます。

そして挙句のはてには、自分だけが好きなことをしたら周囲の人に悪いから・・・など、自分を納得させる制限をつくります。

結局、目的地に行こうと思い、車のエンジンをかけアクセルを踏もうとした
途端に、足を滑らせてブレーキを踏んでしまっているのと同じ状態になってしまいます。

行こう行こうと思っても、アイドリング状態のままでは、どんな高級車であっても、残念ながらどこにも行けません。

あなたが本当に自分の好きなことを見つけ、自分らしく生きたいと思うのなら、自分で作っている制限から、ブレークスルーしなければスタート出来ません。

制限をはずすひとつの方法として、コーチングでは、ビジュアライズを用います。

ビジュアライズとは、未来をイメージさせその状況を感じさせるのです。

例えば、バレエリーナになりたいとします。

舞台に立って踊っている時の匂い、空気、音、歓声、その姿を
誰に見てもらい、何と言われたいか? 

そうなった時の状況を五感でイメージしてもらい、嬉しさや喜びに満ちた自分を
感じてもらうのです。

喜びや感動から動機付けらた人は行動を起こしやすくなります。

未来のあなたが好きな事をしている状況をはっきりイメージできたら、

ブレーキから足をはずし、アクセルを踏んでスタート出来るのです。

もし、あなたがアクセルを踏む事ができなのいなら、どんなブレーキが

かかっているのか、考えてみてはいかかですが?

そして、それが必要なブレーキなのかどうかを考えてみましょう。

青信号なのに、交差点の真ん中でブレーキかけていませんか?



見る・聴く・感じることすべてがメッセージ
見るもの、聴くもの、感じるもの全てがあなたに届けられたメッセージです。

そのメッセージをどう受け止めるか?

コーチングでは、究極のコーチングはセルフコーチングをすることだと言われています。

自分で自問自答し気づき行動を起こしていくのです。

自分で自分に問いかけるという事は、自分が感じたこと全てを何か意味のあることとして、

受け取り自ら自分に問いかける事です。

しかし、人はなかなかメッセージを感じようとはしません。

何故なら、そんな習慣がないからです。

そしてもし、何か感じたとしても素直にそれを受け取る事が出来ないのです。

自分のにとって都合のいいところだけを取り入れようと安易に考えてしまいます。

例えば、つらい事があったり、悩んだ時に占いに見てもらったとします。

『今は苦労しても、後半の人生は全てに恵まれる素晴らしい人生です。』

・・・といわれるとほっとして安心します。

でも、『これからも苦労が続きで大変なことになりますよ』・・・と言われるとどうでしょう?

『・・・あれは占いだから・・・』とか、

もっと自分に都合のいいことを言ってくれる占いに出会うまで

はしごするのではないでしょうか?

つらい事や悩む出来事が起こるのは、あなたがそこから何かを学ぶチャンスだという事を忘れ

ないでください。

そのことを忘れて占いでいいことを言われたからといって安心したのでは、学ぶチャンスが

生かされません。

あなたは今日一日を通して、見・聴き・感じたものから何を受け取りましたか?

怒りですか?喜びですか?哀しみですか?寂しさですか?何も感じないという虚無感ですか?

素直に感じたものが、あなたの幸せへの課題に繋がって行きます。

例えば、今日理由はなんであれ、寂しさを感じたならばどうすれば寂しさから解放されるのか?

それを考えさせてくれるチャンスなんだ。・・・と考える習慣をつけるのです。

その習慣が身につくとどんな出来事も、大きな意味のあることだと気づきます。

良いことも、悪い事も全て謙虚な気持ちで受け止め、そしてその中から気づくことができた時、

いままでのネガティブな気持ちではなく、感謝の気持ちでいっぱいになります。

一日の締めくくりに深呼吸をして、今日何を学ぶチャンスを与えられたのか

静かに受け止める時間を持ってみませんか?

あなたは苦しみと何時まで戦いますか?
人は誰でも信頼していた人から裏切られた時、深く傷つきます。

そして、なかなか立ち直る事が出来ない人が多いです。

特に、完璧主義者の人は、傷ついた心から離れる事ができずに苦しみます。

何故苦しみの中に居続けるのでしょうか?

それは、答えのないものを探そうとするからです。

真実を追究し、答えを見つけようとするからです。

何故裏切られたの?何が悪かったの?

自分は一生懸命してきたのに・・・どうすれば良かったんだろう?

何故あの人はこんな私を裏切ったの?

何故?何故?何故・・・・・・?

そしてやがてその思いが哀しみから、憎しみ、嫉妬に変化し

そんな自分を責め、恥じて心身に影響を及ぼしてしまいます。

傷ついた人は自らを被害者と思っています。

被害者である自分が相手を許さない限り、戦いは続きます。

戦いが続く限り、許す事が出来ないのです。

幸せから遠い世界の中で、苦しんでいるのです。

もし、あなたがそんな世界の中にいるのなら、

早く楽になりたいと思っているのなら、

もう、見逃してください。


真実を追いかけずに、そのままにするのです。

そして、真実なんていらない!

もう、真実を追求しようとする心はいらない!

・・・・とあなたの手で捨てるのです。

その瞬間から、あなたの心から苦しみが去るのです。

そしてそれは、あなたが自分で自分の生き方を決める事が

出来る様になる瞬間でもあるのです。

実は裏切られ、深く傷つき、悩むということは、

相手が自分よりも重要だという依存型から、

自分は自分であるという自立の道を、踏み出すチャンスなのです。

そして、自分の道を歩き出した人が、

そのことに気づいた時、はじめて許す準備が出来るのです。

あなたは、事実をそのまま受け止めてください。

そして、答えの出ない真実を見逃してください。

そうする事で、あなたの中の戦いに幕を下ろす事が出来ます。

「あなたは何時までも苦しみの中で戦いますか?」

早く平穏な気持ちで毎日を暮らしたいと思いませんか?

結果の出ない真実探しで時間を止めるのは、もう止めて今を受け入れましょう。

受け入れた分だけあなたは大きく成長しているはずです。
【解る】と【気づく】
あなたが、やめようと思っているのにやめられない事が

あるとしたら、どんな事ですか?

人は解っているのに出来ていないことや、出来ない事があります。

そして出来ない事を自分の意志の弱さのせいにします。

意志の強さとは何だと思いますか?

我慢、努力・・・・をどこまでできるかその強さのことでしょうか?

例えばタバコについて考えてみます。

体に良くない、周囲の環境に良くない、肌に良くない・・・と、

理解していない人は一人もいません。

でも、落ち着くから、気分転換になるから、手持ちぶさたや寂しいから

・・・・という理由でやっぱりやめれないという人が多いです。

人は頭で理解していても、やめられない事が沢山あります。

そこに【気づき】がなければ自分の中に落ちてこないのです。

『タバコを吸って落ち着くのであれば、何故またタバコを

すうのですか?』

『タバコを吸って気分転換できたのなら、何故またタバコを

すう必要があるのですか?』

『タバコを吸って孤独が癒されるのなら、灰皿がいっぱいになるほど

タバコを必要とするのですか?』

落ち着けない理由や、気分転換が必要な理由はもっと他に

あるのではないでしょうか?

癒されたいと思うその本質はタバコとは関係ない所に

あるのではないですか?

この質問を繰り返していくとタバコで落ち着くと

思っていたことが、おかしいなと気づきます。

本当の問題は、意志の弱さではなく、本質に目を向ける

少しの勇気とその習慣がまだ身ついていないだけなのです。

問題の本質に気づいた時、自分にとって何が真に大切なのか

解る時なのです。

そして人は【気づき】を得てこそ、初めて変わる事が出来るのです。

褒め言葉はコミュニケーションの一歩
あなたの目の前にいる人を三分間ずっと褒めてください。

・・・途中で言葉が詰まる人は、もう少しだけ褒め上手に

なりましょう。

人間関係を築く中で、いち早く信頼関係(ここで言う信頼関係とは、

コミュニケーションをスタートさせる為の関係)を築く方法は、相手のいいところを

褒める事です。

ところが、人のいいところを褒めようとしても何と言えばいいのか

解らないという人が多いのです。

そう言う人達は褒めることはよくない事だと潜在的に思っているのです。

褒めるとゴマすりのように思われるのではないか?

褒めると自分が下の立場になるような気がする。

相手が調子に乗ってしまうから褒めるのはよくない。

・・・など褒める事にストップをかけてしまっているのです。

そして、そういう人達は自分自身に対して褒められても、素直に喜べないのです。


コミュニケーションのワークショップで、

【褒め言葉のシャワー】と言うのがあります。

このシャワーを浴びると最初は緊張して硬い表情の人も

三分後には、とてもいい笑顔になるのです。

ここで言う【褒める】とは、正確に言うと相手のいいところを認める。

承認する事です。

いいなと思った事や、ステキだなと感じた事をそのまま伝えるのです。

その為には、ひとつだけ必要な事があります。

それは少しだけ周囲に関心を持つということです。


帰宅して、奥さんのヘアースタイルの変化に気付かないご主人がいます。

それでは褒め言葉がでないのは当然です。

関心を持つということは、相手を大切に思う気持ちの表れです。

逆に関心を持ってもらえてないと相手が思うとコミュニケーションは取りにくくなります。

今日からでも遅くありません。

あなたの周囲の人に、少しだけ関心を持ってみましょう。

いいな・・・あれ・・・この前と変った・・・と思ったことを伝えてみましょう。

そして、さらに、伝える時は

例えば、「あなたはきれいですね。」よりも、

   「あなたは目がきらきら輝いていて、魅力的ですね。」

と具体的な言葉で伝える方がより効果的ですし、

   「あなたの様に私も魅力的な女性になりたいです。」

のようにⅠ(愛)メッセージ(私は○○だと思います

よ・・)を伝える事ができたら、相手との距離を縮めることができます。


器用と不器用
「得意なことは何ですか?」

・・・と聞くと10人の中、5人は、「私は不器用ですから・・・」

と答えます。

人は、何でもすぐ出来る人を見て

「あの人は器用でいいねぇ・・・」と羨ましがります。

そして、出来ない自分の事を

「私は何をしても不器用だから・・・」と嘆きます。

確かに器用な人は飲み込みが早く教えられた事はすぐに出来ます。

不器用な人は、時間がかかります。

でも、器用な人は何でも直ぐに出来るので、あとの努力はしません。

そしてすぐに忘れます。

不器用な人は時間をかけて努力して、やっと出来るようになるので、

一旦出来る様になったことは、ずっーと忘れません。

器用な人は不器用な人の様に、努力がなければ続かないのです。

人生において器用不器用は関係なく、どれだけ時間をかけて

努力するかが結果として現れるのです。

不器用だからと言う理由でやりたい事にチャレンジできないのなら、

ただ努力するのがいやなだけです。

本当にやりたい事が見つかったら、不器用でも挑戦しましょう。

そして不器用は短所ではなく、不器用だからこそ努力で

何事もクリアーするという自分の強みにして行きましょう。
自分の人生を歩もう
自分の思い通りに行かない事を人のせいにする人は、

自分の人生を生きていない人です。

人に依存して生きている人は、感謝を忘れて、

人を攻めることしかしません。

しかし自分の人生を自立して生きている人は、何か起ったとしても、真の問題は何かを

見つける習慣がついています。

そして自分も人も攻めません。あったことをそのまま受け入れます。

そこには感謝の心があるからです。

過去の評価をいい、悪いで語る評論家で終わる人より、

そこから気づきを得る人の方が幸せへの近道を歩んでいます。

笑顔美人になれる方法
今あなたが1番喜んでもらいたい人は誰ですか?

どうやって喜ばせますか?

そしてその人が喜んだ時、あなたはどんな表情をしてますか?

・・・・自分の大切な人が喜ぶことを考えるだけで自分まで

嬉しくなってきます。

例えば、プレゼントの包みを開ける嬉しそうな顔の彼氏。

その様子を想像して買うプレゼントは、送る方の楽しみが何倍にもなります。

そしてあなたの嬉しそうな顔を見ると、彼氏の喜びも何倍にもなります。

喜んで喜ぶ・・・、嬉しいという感情の波は周囲に広がるのです。

いつもちょっとだけ、人が喜ぶ事を考えている人はいつの間にか

沢山の人を喜ばしているのです。

そして喜びの発信源になる人の周りは笑いが絶えません。

もしあなたが最近笑ってないな・・・と思ったら、大切な人の笑顔を

思い浮かべてみてください。

心がぽかぽか温かくなって、にっこり笑顔のステキなあなたに戻れます。
「気づき」を伝えるとしたら?
自分の好きなことなら、時間を忘れるくらい熱心に学びます。

その学んだ事を人に伝えるとしたら、あなたはどう伝えますか?

人に伝えるとなると途端に構えてしまう人が圧倒的に多いです。

きっと自分に対しての疑いにやられてしますからです。

・・・これでよかったかな?

・・・こんな事今更言わなくても?

・・・批判されたら?

・・・上手くできなかったらどうしょう・・・

人は一人一人の感性が違うので、一つのことから相手に伝わる事(気づき)は、

それぞれに違います。

また、自分で失敗と思うことでも、人からみるとそのことから何かを感じることがあります。

その中で同じことに興味を持ち、共感してくれる人が現れたら・・・

学びをどれだけの人と、どう伝え分かち合うか?

そう考えるとわくわく、どきどき楽しみはさらに大きくなり、学びの世界が広がります。

人と違って当たり前、伝えなければ自分だけの気づきで終わってしまいます。

上手くできるかどうかではなく、あなたが学んだことを伝える勇気が大切です。

せっかく学んだことは、どんどん伝えましょう。
ニュージーランド南島のオアマルの民家


ニュージーランド南島、オアマルの民家です。

宿泊でお世話になった久保さんの奥さんと一緒に散歩した時、近所のお花屋敷を写したものです。

私にとって、オアマルは『人が幸せに生きるということはこういうものなのだ・・・』と言う事を

教えてくれた大切な町です。

人生をもう一度見つめるいい旅をしたいなら、ぜひ一度たずねてください。

久保さんご夫婦のB&Bは、我が家のように温かく迎えてくれます。

ホームページをリニューアルしました!
このたびホームページをリニューアルしました。

昨年ニュージーランドへ自分探しの旅に出た時の写真です。


プロフィール

csbewith

Author:csbewith
ようこそ!
笑顔のステキな人を町中にいっぱいにしたい・・!
それが私の夢です。
笑顔のステキな人は何時も自分を磨いています。
そんなあなたの『心のエステシャン』として
今まで学び、気づいたことをお伝えしていきたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク